黒酢の通販ならまるしげフーズライフ

ブログ

黒酢に含まれるクエン酸で疲労回復効果がある?

 
みなさんこんにちは^^!
 
黒酢には実はクエン酸がそこまで含まれておりません。
主成分は酢酸です。
 
飲みやすい黒酢とコップ(大2)
 
しかし、黒酢のクエン酸で疲労回復効果が注目されているのはなぜでしょう。
理由としては、そのままではクエン酸摂取はできないのですが、
黒酢の酢酸は体内に入ることにより、クエン酸に変化しますので、
実際、クエン酸を摂取しているのと同じことなのです。
そのため、黒酢でも十分クエン酸の効果である、
乳酸の分解からの疲労回復を期待することができるわけです。
 
その他、必須アミノ酸も豊富に含まれておりますので、
ダイエットとしても効果が期待できます。
ですから、疲れやすい現代の生活、
お勉強、スポーツに黒酢を活用していただければと思います。
 
クエン酸回路とは別名クエン酸サイクルとも呼ばれておりまして、
人間がエネルギー代謝を行う上で必要なシステム回路のことです。
これは人間が生きる上で必要なものです。
滞ると、疲労感を覚えるなど生命活動に置いての弊害を受けます。
 
クエン酸回路を行う上で、
一番初めにクエン酸が生成されるため、
クエン酸が減少するというのはなかなか考えられることではありません。
ところが、クエン酸がしっかりと生成されたとしても、
不規則な生活、ストレスなどを受けると栄養が不十分になり、
上手くクエン酸が回らないのです。
 
このようにクエン酸の回転が上手く行かないと、
摂取した5大栄養素が代謝されなくなるのです。
 
クエン酸回路において十分なクエン酸の量だけではなく、
黒酢やもろ酢などクエン酸がたっぷり摂取できる食品からクエン酸を摂取することで、
エネルギー生成が上手く行きやすくなります。
 
飲みやすい黒酢(箱瓶)小
 
さらにいえば、クエン酸は単体で摂取するよりも、
ビタミンB群がエネルギーの生成を行いますので、
一緒に摂取することをおすすめします。
そう言う意味では、ビタミンB群は黒酢にもたくさん含まれているのでおすすめです。

黒酢にんにくで、風邪予防しましょう!

 
みなさんこんにちは^^!
 
風邪というのは、風邪症候群とも言われています。
感染症の一種であり、
喉や鼻などの気管に起きる炎症のことを指します。
 
ウイルス性と細菌性がありますが、
ほぼウイルス性に当てはまるそうです。
 
玄米黒酢全体
 
ウイルスが気管などの粘膜に付着して増えていきます。
この時点で免疫力や抵抗力がないとどんどん増殖して免疫の動きが活発になり、
風邪の不快な症状を引き起こすという仕組みです。
 
まずは喉の痛みや鼻水の症状から始まるのはこう言った理由からです。
これがさらに悪化していくと、発熱や倦怠感、頭痛が起こります。
発熱は、体内に入ってきてしまったウイルスを退治しているという証拠です。
 
咳やたんも同様で、喉の気管についてしまったウイルスを、
排除しようと戦ってくれているのです。
 
できれば、辛い発熱などの症状が出てくる前に症状を抑えたいものです。
黒酢にんにくには、アミノ酸と何種類もの成分が含まれています。
これらの働きによって、疲労回復、滋養強壮、美容効果、腸内環境の正常化、
強力な殺菌・抗菌力、血流改善などの様々な効果が発揮されます。
 
風邪に特に働きかけてくれているのは、
アルギニンとグルタミンという成分です。
免疫力を司るアミノ酸成分で、
体内に侵入してきたウイルスを退治するための細胞を作り出します。
 
これと殺菌・抗菌力が合わさって、
風邪の予防などにも強力な効果を発揮してくれるのです。
滋養強壮の効果もあるので、
普段から黒酢にんにくを飲んでおくことで、
風邪にも負けない強い体作りができます。
 
飲みやすい黒酢とコップ2(中)
 
酢が苦手な方やにんにくの匂いが気になって、
食事などでは摂れないという方いらっしゃると思いますが、
まるしげの黒酢にんにくサプリは、
味も匂いもほぼなく飲みやすく加工されているので安心して飲めるのでおすすめです。

脂肪肝が気になる方は、黒酢を摂取しよう!

 
みなさん、こんにちは!
 
お酒の飲みすぎ、肥満や食べ過ぎなどで、
脂肪肝になってしまった方はどういった対策をされていますか。
脂肪肝は放っておくといずれは肝硬変、
そして肝臓がんにつながってしまうこともある怖い病気です。
 
のみやすい黒酢(ペア中
 
自覚症状がない人も多いため、
特に何もしていない方もいらっしゃるかと思いますが、
黒酢を大さじ1杯毎日飲むことで、
脂肪肝の対策ができることをご存知でしょうか。
 
脂肪肝は肝臓に中性脂肪がたまってしまった状態です。
中性脂肪がたまると血流が悪くなり、
肝臓の働きも悪くなってしまいます。
肝臓が傷つき、機能が低下してしまった、
そんな状態の時には、アミノ酸が必要です。
アミノ酸が肝臓の働きを改善させてくれます。
 
黒酢には豊富なアミノ酸が含まれています。
このアミノ酸が肝臓の働きを助け、
肝臓の機能を向上させるのに役立つのです。
 
また黒酢のアミノ酸には、
アルコールの代謝を促進させる作用があります。
アルコールの代謝がすすめば肝臓にかかる負担も軽くなります。
 
飲酒の前後や、食事の時に、大さじ1杯程度の黒酢を飲みましょう。
肝臓でアルコールや脂肪を分解させる手助けをしてくれます。
黒酢は飲みにくいと感じる人もいるかもしれませんが、
毎日飲んでいると慣れてくるものです。
習慣にしてしまえば、面倒を感じることもなくなるかと思います。
 
もちろん、脂肪肝には黒酢を飲むことだけでなく、
ほかの対策も必要です。
お酒が好きで、飲みすぎたことによって脂肪肝になってしまった人は、
アルコールの摂取を控えることが必要です。
 
また、揚げ物などのこってりした食事や甘いものが好きで食べ過ぎてしまう人は、
脂肪や糖分の多い食べ物を減らす必要があります。
運動不足も原因の一つですから、
意識的に体を動かして運動不足を解消する、
肥満の方はダイエットするなどほかの対策も必要です。
 
ee1933841d7288b12f180c60d514e600_s
 
これらの対策に加えて、黒酢を日常的に摂取することで、
より健康的な体になれることでしょう。
黒酢の豊富なアミノ酸の力を借りて、脂肪肝を予防しましょう。

黒酢に育毛効果は期待できる!?

 
みなさんこんにちは^^!
 
 
黒酢には、毛髪の生成に大きく貢献する栄養素が豊富です。
もともと健康にも効果を発揮する黒酢ですから、
健康な体から健康な髪が生えるというように、
髪が育つ体質に改善できる有益な健康食品ですね。
 
玄米黒酢2本セット
 
黒酢は体質の改善に効くだけでなく、
含まれる栄養素から丈夫な髪に欠かせない成分が育毛にも効果的です。
育毛サプリなどで栄養を補給するよりも、
もしかすると黒酢を摂取するほうが薄毛の改善に近づくかもしれません。
 
毛髪はツメと同様に、
ケラチンというアミノ酸からなるタンパク質で構成されていますから、
不足すれば薄毛が進むと共にツメにも影響がでます。
 
熟成された黒酢には、このアミノ酸が豊富に含まれており、
なんと他の酢の10倍以上です。
それも、体内で合成することができない必須アミノ酸9種類うち、
8種類を含有している優れた健康食品です。
 
唯一含まれていないのは、
「スレオニン」という毛髪の合成にも必要な必須アミノ酸だけです。
ですから、黒酢を摂取しておけば、
髪に必要なほとんどのアミノ酸がまかなえるので、
ツヤやハリのある髪になります。
 
もちろん黒酢にはビタミンやミネラルもたっぷり含まれています。
黒酢に含まれるクエン酸は、体内に吸収されにくい、
亜鉛や鉄などのミネラルを包み込み吸収しやすくしますから、
食事の時に摂取するとさらに育毛効果を発揮します。
 
玄米黒酢全体
 
これだけの効能を秘めているのですから、
髪にツヤがない、パサついている、抜け毛が多い、
薄毛に悩んでいるなど、そういった方は積極的に摂取してはいかがでしょうか?

黒酢でアレルギーが改善できる!?

 
みなさんこんにちは^^!
 
 
黒酢にはダイエットをはじめとした、
たくさんの効果がありますが、
そんな黒酢にはアレルギーを改善する効果も期待できるのです。
 
飲みやすい黒酢とコップ(大
 
アレルギー持ちの人は分かると思うのですが、
アレルギーとはとても嫌なもので、
それによって日常生活でやらなくてはならないことが、
出来ないということにもつながってしまいます。
 
おそらく色々な方法でアレルギー改善をすでに試みているとは思いますが、
アレルギーというのは一度なってしまうとなかなかに改善が見られないものです。
 
もしも黒酢でアレルギーが改善できるなら、
アレルギー持ちの人としては飲まない理由はありません。
 
では黒酢にはいったいどのようなアレルギーへの効果が見られるのでしょうか。
 
例えば鼻炎の改善。
ここでいう鼻炎には、花粉症も含んでいます。
花粉症は一度かかってしまうと、
そこからまず完治をすることはないと言われています。
ですが、花粉症というのはとても苦しいもので、
人によっては春先は仕事で休みを取って、
家に引きこもるといった場合もあるようです。
 
そんな花粉症に効果があるとされているのが黒酢です。
そもそも花粉症の症状というのは、
粘膜細胞が炎症を起こしてしまっているために、
鼻が詰まったり、鼻水が止まらなくなったりするものなので、
粘膜細胞が正常に戻れば症状の改善がみられるようになります。
 
黒酢に含まれているたくさんのアミノ酸は、
そんな炎症を起こしてしまった粘膜を強い粘膜に変えてくれる効果を持っています。
それはアミノ酸が新陳代謝をアップさせてくれることで、
体のいたるところがターンオーバーしていくことに関係しており、
これによって粘膜もすぐに回復していくというわけです。
 
item-image-ringo2
 
ちなみにこのターンオーバーというのは、
約1ヶ月程度の周期でおこなわれているので、
花粉症の症状が出始める1ヶ月くらい前にしっかりと黒酢を飲み始め、
その後も黒酢を長期的に飲む必要があります。

黒酢はすっぱいのにアルカリ性!?

 
みなさんこんにちは^^!
 
 
酸っぱい食品というと梅干しやレモンにすだちなどの柑橘系、
黒酢などが主に挙げられるでしょう。
どれもクエン酸が含まれていて、
疲労回復に役立つものばかりです。
 
saite3-1
 
なかでも黒酢は健康維持やダイエットなどの、
美容にも役立つ食品として重宝されており、
黒酢を使ったサプリメントやドリンクなど、
様々な種類の商品が販売されています。
 
そのまま飲むのは味やにおいが苦手という方も多いのですが、
サプリメントや果物を一緒にブレンドして作ったものなど、
気軽に誰でも口にできるよう様々な工夫がされているものも多いです。
 
そんな黒酢などのいわゆる酸っぱいものを、
疲れが溜まってくると口にしたいと思うことはありませんか?
夏バテなどであまり食欲がない場合も、
酸っぱいものならサッと口にできるのでいいと、
お酢を使った料理のレシピなども頻繁に紹介されています。
 
あまり食べたい気持ちが起こらないときでも、
なぜ黒酢などのすっぱい食品なら大丈夫なのでしょうか。
そして、疲れた時に欲するのはどうしてなのでしょうか。
その疑問について少し考えてみましょう。
 
酸性食品、そしてアルカリ性食品。
これらを分ける基準として大切なのはミネラルの比率です。
マグネシウムやナトリウムなどのことですが、
体に吸収される際にアルカリ性の効果を与えるミネラルの比重が多い場合は、
アルカリ性と分類されます。
 
そういったことから黒酢は、
アルカリ性の食品に分けられているのです。
黒酢などに含まれるクエン酸は、
体内に入ると乳酸の発生を抑えたり、
うまくエネルギーに変えたりするなど、
疲労をとるために様々な働きをしてくれます。
 
あの独特の酸味は体を酸性状態から救ってくれるもの、
体をアルカリ性にするために働きかけてくれる、
とても頼りになるものなのです。
 
apple_ec-210x300
 
最近では黒酢=健康にいいもの、
という認識は当然になってきていますが、
疲労にとても効果があるので、
体に疲れを感じている方はぜひ黒酢を活用してみてくださいね。

黒酢はアトピーにも効果的?

 
みなさんこんにちは^^!
 
 
痒みはもちろんのこと、
人によっては見た目も苦痛となり、
外に出るのも億劫になってしまうアトピー。
これを何とかできるなら、
藁にだってすがりたい気持ちでしょう。
 
images-1
 
しかし、藁では無く黒酢にすがってみませんか。
黒酢なら、アトピーを改善することができるかもしれません。
 
アトピー症状には食事から来るものや、
環境から来るものなど様々なものがあるのですが、
黒酢はそのどれにも友好的とされています。
 
例えばアトピーの中には肌の環境が荒れてしまい出来るものがありますが、
これは黒酢の保湿効果を新陳代謝をアップさせる効果で改善できますし、
腸内環境から来ていれば、
黒酢の血行促進効果で改善することができるでしょう。
 
そして、アトピー患者に共通しているのは、
体液の酸性が強くなっているということ。
酸性が強くなると、細胞の働きがおかしくなり、
それによって肌への影響、いわゆるアトピーが出てきます。
 
これを改善するためには、
アルカリ性食品を多く摂る必要があるわけですが、
アルカリ性食品の大半は野菜になっており、
大量摂取が非常に難しいのです。
 
しかし、黒酢ならかなり強いアルカリ性食品なので、
少量でも確実にアトピーの原因である酸性への傾きを改善してくれます。
 
食事やお風呂に、様々な使い方が出来る黒酢ですが、
それを活かすためには他にどんな方法があるのか考えてみましょう。
 
基本的には飲んだり食べたりすることで内側から取り入れる方法、
お風呂に入れたり薄めて身体に塗ったりと、
直接患部へアプローチする方法の二種類があります。
できれば両方行うことでその効果を感じやすくすることができますが、
一度に全てをやってしまおうと意気込む必要はありません。
 
まずはご自身がやりやすい方法から選ぶといいでしょう。
ポイントは「自分がこれなら続けていける」と自信があるもの、
「無理矢理やらなければならない」という意識がないもの、
この二点です。
 
otameshi4
 
どんなに効果があると言われているものでもご自身に自信がない、
もしくは嫌々やっているという意識がある、
という場合はやめるようにしましょう。
大切なのは毎日できるだけストレスなく続けていくということです。

黒酢に含まれるアミノ酸の効果とは?

 
みなさんこんにちは^^!
 
 
人間の身体を構成するアミノ酸は20種類あります。
その中でも、体内でアミノ酸・糖質・脂質を用いて作られるアミノ酸を、
『非必須アミノ酸』と言います。
これが11種類存在します。
 
特選黒酢セット2-2L
 
残りの9種類は体内では作り出す事が出来ず、
食品や飲料、サプリメントで摂取しなければならないアミノ酸を、
『必須アミノ酸』と言います。
 
黒酢には、この必須アミノ酸が豊富に含まれており、
スレオニンというアミノ酸以外は全て含まれています。
特に豊富に含まれている必須アミノ酸は、
分岐鎖アミノ酸(バリン・ロイシン・イソロイシン)と呼ばれるもので、
別名、BCAAとも呼ばれています。
 
アミノ酸を体内に吸収するには、
食品で摂取されたタンパク質を消化・分解しなければなりません。
タンパク質の消化・分解はそれなりに時間が掛かります。
そして、消化・分解されてアミノ酸になったとしても、
全てを体内に吸収出来る訳ではありません。
効率よくアミノ酸を吸収する事は中々、難しいのです。
 
ただ、黒酢の場合は、醸造過程でタンパク質は既に分解され、
アミノ酸の状態で摂取する事が出来ます。
アミノ酸の状態で摂取出来れば、
食品からタンパク質で摂取するよりも素早く体内に吸収する事が出来ます。
そして、アミノ酸の状態で吸収するので、
漏れなくアミノ酸を吸収する事も出来ます。
 
item-main-genmai-300x272
 
黒酢を適切に摂取すれば、
必須アミノ酸を効率よく摂取する事が出来ます。
黒酢の酸味が気になったり、
料理と共に摂取するのが手間な場合は、
サプリメントがおすすめです。

黒酢の栄養成分とその効果とは?

 
みなさんこんにちは^^!
 
 
黒酢の栄養成分は、
酢の文字が使用されている様に、
酢酸が最も多く含有されています。
 
その他の成分として、
各種アミノ酸、コハク酸、リンゴ酸などの有機酸が含まれています。
 
item-karadani4
 
今回は、黒酢に含有される栄養成分と、
その効果についてお伝えしたいと思います。
黒酢のビタミン、ミネラルの含有量はそう多くはありません。
 
ただし、黒酢を摂取する事で、
ビタミン、ミネラルの吸収を促進させる働きを持っています。
 
例えば、食材を調理する過程のでのビタミンの破壊を予防したり、
体内での消化吸収率をUPさせます。
特にビタミンCやカルシウムは黒酢と一緒に摂取すると、
効果が増大する事は判明しています。
 
血液の状態が悪化したり、
過剰な乳酸が結合して起こる動脈硬化など、
黒酢を摂取すれば予防する事が出来ます。
黒酢の成分には血圧を安定させ、
動脈硬化を予防させる働きがあります。
 
また黒酢に含有される、
酢酸からの生成物であるアデノシンが赤血球を柔らかくして、
血行を改善させます。
結果、身体の隅々にまで血液が行き渡り、
冷え性を改善し、基礎代謝もUPさせます。
 
黒酢の焼酎割り
 
まるしげの黒酢を摂取して、健康生活に役立てましょう!

黒酢と一般の酢は、お料理の使い道が違う?

 
みなさんこんにちは^^!
 
 
黒酢と一般の酢。
ひと目でわかる違いとはなんでしょうか?
それは色です。
 
家庭で使われる「穀物酢」「米酢」が薄黄色なのに対し、
黒酢は褐色です。
 
item-main-newgenkissu
 
この黒酢の色は、
黒酢に含まれるアミノ酸と糖との褐変反応によるものです。
この化学反応により、
褐色色素メラノイジンが生成され、褐色になるのです。
 
褐変反応は黒酢だけに起こる現象ではありません。
味噌や醤油の色、クッキーの焼き色もこの反応によるものです。
 
メイラード反応は褐色物質だけでなく、香味成分をも作り出します。
そのため、一般のお酢よりも独特の香り(まろやか、豊かなといった形容)が、
黒酢にはあるのかもしれません。
 
食酢を使う料理で黒酢と一般の酢を使い分ける必要はあるのでしょうか?
黒酢は原料やその使用量の多さから、
味に作用するアミノ酸が他の酢よりも多く含まれていることが分かります。
 
しかし料理において使用する調味料が、
酢だけというものは少ないのではないでしょうか?
料理の味というものは、
「甘酸っぱい」、「辛酸っぱい」と、
酢と他の調味料との組み合わせで作くられていきます。
 
万能ヘルシー黒酢ドレッシング
 
料理において味の決め手の調味料が酢の場合、
「やっぱりこの料理は●●酢」じゃなければ。
とこだわられる場合があるかもしれませんが、
このレシピには米酢●mlって書いてあるから、
米酢を買わなきゃ、黒酢って書いてあるから黒酢を買わなきゃ。
と縛られずにお家にある酢を気軽に使って、
酢の料理を楽しんでみてはいかがでしょうか。