黒酢の通販ならまるしげフーズライフ


高血圧によく効く、黒酢黒豆とは?

 
みなさんこんにちは^^!
 
黒豆の効能は古くから知られており、
中国の明の時代に記された『本草綱目』という薬物学書にも、
「数ある大豆のうち、黒豆のみにすぐれた薬効がある」と記されています。
 
玄米黒酢2本セット
 
黒豆の煮汁を用いた臨床試験で、
次のような効果のあることが証明されています。
 
黒豆の効能として第一にあげられるのが、
活性酸素(フリーラジカル)の抑制作用です。
活性酸素は、呼吸で体内に入ってきた酸素の、
約2%が活性化してできる毒性の強い物質です。
 
活性酸素は通常は、体内に入ってきたウィルスや細菌などにとりついて酸化し、
除去する働きをしています。
 
ところが、活性酸素が、有害物質やストレスがきっかけとなって、
大量に発生することがあります。
 
活性酸素がふえすぎると、自分のからだの細胞を攻撃するようになって、
遺伝子を傷つけてがん細胞にしたり、内臓や器官の細胞を破壊して、
高血圧や糖尿病などの生活習慣病を引き起こしたりします。
 
黒豆には、この活性酸素の働きを抑えるアントシアニン、
イソフラボンなどの成分が豊富に含まれているのです。
 
また、黒豆にはダイエット効果もあります。
成分の一つであるガラクトオリゴ糖が、
腸内の乳酸菌などの善玉菌をふやして腸内環境をととのえ、
脂肪や糖分の吸収を抑えてくれるので、
動脈硬化や高血圧の改善にもなります。
 
さらに、黒豆のアクに含まれるトリプシン・インヒビターには食欲を抑える効果が、
サポニンには肥満を防ぐ作用、食物繊維やスクワレンには、
コレステロールの吸収を防ぐ働きがあります。
 
このほか、黒豆に豊富なアントシアニンとビタミンAには、
視力の低下を防ぎ、肌荒れヤシミ、シワ、冷え性などを改善する効果があります。
 
健康効果が高い黒豆を黒酢につけ込んだ黒豆黒酢は、
酢の働きによって血液循環や新陳代謝を促すので、
血圧を下げる効果が倍増します。
高血圧が治らない人は、
1日に黒豆を10粒、黒酢をスプーン1杯程度飲むようにします。
 
飲みやすい黒酢500ml(中)
 
黒豆と黒酢という健康食材の相乗効果で、
高血圧にさよならしましょう